無料査定・お問い合わせ

新品・中古のGPSを現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

比べてみないと分からない!探知周波数とは。

比べてみないと分からない!探知周波数とは。

探知

周波数というのは、電気震動の回数を1秒当たりどれだけ行うのかによって強弱が異なり、ヘルツという単位で明記します。たくさん震動を繰り返す場合には高周波、逆に少ない場合には低周波、もしくは普通に周波と呼んでいます。先ほどは電気震動と記載しましたが、電気震動のことを電波と呼んでいます。しかし、音の振動である音波も周波数と呼んでおり、やはりヘルスという単位で明記されているのです。この電波や音波を使って、いろいろな製品が誕生しています。

実は魚群探知機も音波を利用しているのですが、音波の中でも周波数が高い場合には超音波と呼ばれています。超音波という名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。魚群探知機の場合には、低周波ほど広い範囲にいる魚の状況を把握しやすくなっているのですが、正確な位置を特定するのは難しくなっています。逆に高周波になると、狭い範囲にいる魚の状況しか把握できなくなるのですが、詳しい位置まで特定することが可能になるのです。

低周波と高周波の2つの魚群探知機を比べてみると、その違いがはっきりと分かるでしょう。では、深さに関してはどうなのかという疑問があります。多くの人は、周波数が高ければ高いほど深くまで探知できるのではと考えていることでしょう。実は逆であり、周波数が低ければ低いほど深くまで探知することができるのです。逆に周波数が高いと、浅場しか探知することができません。どのような場所を探知することができるのかをよく比べてから購入しましょう。

どちらもメリットとデメリットがあるので、使用用途に応じて使い分けている人もいます。最初に低周波の魚群探知機を使い、ある程度場所を特定してから高周波の魚群探知機を用いて正確な場所を知るという使い方をしている人が多いでしょう。このように超音波を使った製品というのは、魚群探知機だけではなく、他にもいろいろとあります。超音波のことをソナーとも呼ぶのですが、このソナーの反射によって、場所を探知することができるので、探知周波数やソナー周波数などと言います。