無料査定・お問い合わせ

新品・中古のGPSを現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

サイクルコンピューター

サイクルコンピューターの買取

サイクルコンピューター買取

サイクルコンピューターとは?

サイクルコンピューターとは?

サイクルコンピューターとは、自動車に取り付けることによって速度、走行距離計測することができる機械のことです。

サイクルコンピューターの用途は、速度計としての用途が一般的です。また、走行距離についても、サイクルコンピューターであれば走行時間、心拍数なども併せて計測することが可能になっているという特徴があります。なので、自転車だけでなく、自転車を動かしている本人に対しても、細かい測定を行えるようになっているという特徴があるのです。

近年では、サイクルコンピューターを用いることによって、ケイデンス、心拍数、消費カロリーをまとめて計算するということも可能になりました。これにより、自転車をスポーツとして用いるだけでなく、ダイエットのために乗るものとして用いることも可能になったのです。心拍数を正確に計測することによって、自転車を動かす人に丁度良い心拍数を確認することも可能になりました。これにより、長時間の運動を高過ぎる負荷をかけずに行えるようになったのです。

現代のサイクルコンピューターは、機械式センサーと異なっている部分も多く、また小型化に成功しているという一面があります。機械式センサーというものでも、サイクルコンピューターと同じような計測は可能でした。ですが、それほど頑丈な品物ではなかったため破損してしまうこと、破損の影響で動作が怪しくなることがあったのです。

サイクルコンピューターは耐久テストを綿密に行っているため、機械式センサーのように簡単に壊れません。また、サイクルコンピューターはスポーツ車に搭載するタイプも存在し、こちらは1970年代、ジュニアスポーツ車に装備されていたという実績まで兼ね備えています。長きに渡り、サイクルコンピューターは高い信用を得てきているため、今ではスポーツサイクリングでも主流となり、今では非接触タイプといった磁気を用いることによって、接触していない状況で計測を行える機械まで存在します。

サイクルコンピューターを高価買取してもらうポイント

まず、サイクルコンピューターは日進月歩という形で、新モデルが登場しておりますので、古いモデルよりも新しいモデルのほうが人気が高いです。
ただし、過去に高い人気を得ていたサイクルコンピューターであれば、それほど安い買取価格にはならないでしょう。というのも、古いモデルであってもサイクルコンピューターの中には、今でも用いられているセンサー類が搭載されているからです。
後、破損状況が著しい、動作が怪しいサイクルコンピューターについては、買取が難しくなってしまうこともあるので、そのことに注意してサイクルコンピュータ ーの買取依頼を出してください。
長期間にわたって使用されていたものでは、一部が変色、もしくは一部に汚れが溜まっていることもありますので、そのような問題が起きていないかもチェックされてから、サイクルコンピューターの買取依頼を出したほうが、高価買取りにつながりやすいでしょう。

サイクルコンピューターを買取したお客様の体験談

サイクルコンピューターを買取したお客様の体験談

スピーディな対応ありがとうございました。

サイクルコンピューターの買取依頼を出したのですが、買取までにあまり時間がかからなかったので良かったです。
しかも、古いサイクルコンピューターなのに買取可能という案内を、買取依頼を出した当日にもらえました。査定が早い業者とは聞いていましたが、まさかここまで早いとは思ってもいなかったので、また、サイクルコンピューターを売りに出した時には、こちらで買取依頼を出させていただこうと思います。
さらに、業者のほうで具体的な買取価格を案内してくれるため、買取価格を先に聞いておき、本当にサイクルコンピューターを売るか悩むことができます。今までに、多くのサイクルコンピューターを取り扱 ってきている業者だけあって、査定結果にも満足できました。というのも、買取価格が相場より高かったからです。
サイクルコンピューターをまとめて売るということも可能になっています。そのため、今ではもう使わなくなったものを売りたいという時も、頼りになる業者だなって感じました。しかも、これといって手数料のようなものは発生しません。複数のサイクルコンピューターを売る場合は、査定にかかる時間が長くなるのでは?なんて思っていたのですが、複数でも査定にかかる時間は短いです。
しかも、業者のほうで新しいサイクルコンピューターを多く取り扱っているので、そちらを確認しながら買取依頼を出すか検討することができます。買取価格も問題なく、しかも新商品も販売しているので、 買取だけでなく新商品の購入計画も自然な形で行え、満足のいく形で買取を終えることもできました。

代表的な製品

サイクルコンピューターの中でも特に人気が高いものとしては、アウトドア用品を扱うメーカーである「GGG JP」が取り扱っている「SD548B」「CAT EYE」が販売している「ストラーダ デジタルワイヤレス(CC-RD410DW)」などが挙げられます。
「SD548B」は350円から400円という非常に安価な価格となっており、サイクルコンピューターを初めて取り扱う方などの支持を集めています。逆に「ストラーダ」9,000円ほどするものの、多彩な機能を備えたハイエンドモデルとして性能に凝りたい上級者から支持されています。

付属品やオプション品

一部のサイクルコンピューターには、しばしば走行中のケイデンス(ペダルの回転数)や心拍数を測るためのセンサーが付属します。
これはセンサーをタイヤの近くと体につけることで、ブルートゥースなどによる通信を用いてセンサーからのデータをサイクルコンピューターに送信するものです。

サイクルコンピューターの使い方

サイクルコンピューターの使い方

サイクルコンピューターの使い方ですが、ボタンを操作して動かすというところは、今も昔も変わっていません。
最新式のサイクルコンピューターには、GPSスピードセンサーレスというものが搭載されています。
なので、後になって計測結果をまとめて確認するということも可能になっていますし、ボタンを操作した後は他に操作することもないため、低ストレス下でサイクルコンピューターを動かせるようになっているのです。
走行ログ記録機能というものも搭載されているので、後になって約50時間以上の走行ログをまとめて確認することもできます。
今では、電源がリチウムイオン充電池となっているため、充電にかかる時間、充電方法もわかりやすいという利点まで存在するのです。

サイクルコンピューターの修理方法

サイクルコンピューターの修理方法ですが、主に外部ではなく内部の故障多いので、最初は蓋(ふた)を開けるようにして、内部を確認するようにしましょう。
その後、コンピューター部分(電子部品)をチェックします。こちらが錆びているようであれば、錆びを落とすようにしましょう。
ただ、電子部品が破損しているケースは稀なので、大半はボタン部分の金属製品に錆びが付着している、もしくはボタンそのものが傷んでいるため、交換必要になるというケースが多いです。